スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『海底2万マイル』を見ました

きっかけは3月末に放送された『センターオブジアース』を視聴したことです。
古典SF好きではあるものの、まだまだ日が浅くて観ても読んでもいなかったなーと思って借りてきました。
・・・どうでもいいんですが、『海底2万マイル』と聞くと『四畳半神話大系』を思い出します。
自分だけですかねw
あのアニメ結構面白かったですよ(・3・)




原作小説は1870年に、この映画は1954年に制作されたものです。
ディズニーシーのアトラクション『海底2万マイル』をイメージしているとギャップに驚くかも知れませんw
あれもあれで全く違うというわけではなく、エッセンスを見事に抽出しています。
さすがはディズニーといったところ。


それは置いといて。
古典SFらしく、話の主題は政治的かつ宿命的となっています。
冒険譚はおまけといってもいいかも知れません。

と言っても特撮シーンも見逃すことは出来ません。
物語の一つの山場である巨大イカとの戦闘シーンは60年経った今でも十分に見応えがあります。
リアルなCGとはまた違った迫力があるのは間違い有りません。
全編を通しての映像クオリティは・・・見る人によると思いますが『スターウォーズ EP4』より上かもしれません。
ブレない。

また、ディズニー映画らしい場面もチラホラ。
ネッドがギター片手に歌う姿を大勢の船員が取り囲んで注目しているシーンが顕著ですね。
ディズニーでは歌が敵味方を越えて魅了する物として描かれるのが印象的。
落ち着いて見れる仕組みでもあると思います。





感想を簡単にまとめると・・・。

名作を名映画に昇華させた作品でしょう。
点数としては10点満点で9点かな?
減点の要因としては、ややメッセージがくどいのと脇役の表現不足です。
乗組員が無表情すぎるんですよねw
ラストシーンはあれでいいのですが、他のシーンはもうちょっと生きていてよかったのではないかと。
うーん・・・けどだからこそネモ船長とアロナクス教授一派が完全に和解しきれなかったと考えれば・・・。
うーんw




今度は『地底探検』か『メリーポピンズ』を借りてこようかな。
なんだこの選択肢は。
関連記事
  • tag : 映画
  • Comment

    コメントの投稿

    :

    :

    :

    :

    :

    管理者にだけ表示を許可する

    Track Back

    プロフィール

    かむっぽいど

    Author:かむっぽいど
    シューター見習い。
    下手っぴですがSTGはジャンルを問わず大好きです。ただしシューター歴2年ちょい。
    XBOX360のゲーマータグはkamunya。
    ツイッターはkamupoid。絡んでくれたら喜びます。
    プレイしたSTGのスコア等はコチラ

    読書メーター導入しました。
    遡って全てを登録しているわけではありません。
    鑑賞メーターも導入しました。
    こちらも遡っての登録はしていません。

    最新記事
    カテゴリ
    タグ

    シューティング CAVE UTAU 怒首領蜂最大往生 映画 虫姫さまふたり 買い物 ボーカロイド 練習絵 格ゲー デススマイルズ 雪歌ユフ 3DS 東方 ぷよぷよ M3 自主制作ゲーム ProjectDIVA 怒首領蜂大復活 スマートフォン エスプガルーダ SF コミケ AOU MMD ハイスコア 音楽 トラブル☆ウィッチーズ 虫姫さま 第八回MMD杯 ミックンベース ドラムンベース 高橋しん 計画都市 マジアカ 冥宮惑星デスパライソ 同人ゲーム マンガ ファンタジーライフ 雪眠ミユ モバマス iPhone 怒首領蜂大往生 ポケモン マインクラフト カラドリウス マビノギ 謎の彼女X アニメ TD PSO2 ALL 

    最新コメント
    月別アーカイブ
    別館リンク
    なにやら始めました。
    カウンター
    ゲーマータグ
    読書メーター
    かむっぽいどさんの読書メーター
    かむっぽいどの最近読んだ本
    かむっぽいどの今読んでる本
    鑑賞メーター
    かむっぽいどさんの鑑賞メーター かむっぽいどの最近観たビデオ
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    最新トラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。