スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画の今昔スキキライ

ツタヤディスカスっていうのに登録して、また映画を見ている今日このごろです。
相変わらずなんとなーく昔の作品ばかり見ているのですが、何故昔の作品を見るのかがわかってきました。

VFXが苦手なのです。
舞台を広く見せたりドラマティックでリアリティある表現をするには欠かせなくなっている技術ですが、これがあまり好きではない…。
視点が定まらないから落ち着かないし、CGの中に役者が埋没しているような・・・、言わば全て虚構であるような感覚に襲われるんです。
映像美はあるけどリアリティが消失し、撮影ロケーションや俳優すら作り物のように感じてしまいます。
これが”見た印象”として入って来てしまっていたので、なんとなく気持ち悪く感じ、現代作品を敬遠していた理由なのかも知れません。
映像美ではなく、ストーリーで引き込まれる作品を見たいのです。


この点に気づくきっかけになったのが『華麗なるギャツビー』
タイトルだけでも知っている人は多いと思います。
2013年にレオナルド・ディカプリオが主演をして話題になりましたし。
何度も映像化・舞台化がなされているこの作品の、1974年版と2013年版の映画を見たのです。

1974年版はかなり淡々と進み、クライマックスのシーンも「起こるべくして起こった」という印象になります。
対して2013年版はパーティーシーンからしてかなり華やかになり、幸福からの転落をかなりドラマティックに描いていました。
結末はもちろん同じなのですが、うどんが関東と関西で味が違う様に、味付けの差が明確でした。

一番印象的だったのはデイジーがギャツビー邸で「こんなに美しいシャツを見たことがない」と泣くシーン。
1974年版は、このセリフのみなので、見る側が涙の意味を解釈する必要があります。
2013年版は、前後にニックの独白が入る(そもそも話自体がニックの回想という設定)ため、明確に涙の理由は語られないものの、絶対に理解出来る様にお膳立てがされていました。

このシーンに代表されるように、2013年版は「観客がストーリーを理解出来るようにする仕組み」が散見されました。
ぶっちゃけこれがクドいのです。
他の作品を見ていても理解させようとする演出は多いと感じます。
映画に限らず、ドラマ小説アニメなんでも。
語りすぎてテンポが悪くなっていると思います…。


私は作品はサラッと鑑賞し、後で思い返しながら細部についてぼんやり考えるのが好きです。
この鑑賞スタイルと合うのが昔の作品だと思われます。
あっさりし過ぎて意味が理解できてないことも多々あるでしょうが、それはそれでいいのです。
知りたいのはストーリーの顛末ではなく、そこから立ち上がる感情の揺れ動きや空気といった漠然としたものなのです。

とまあ、ずっとモヤモヤしていた理由がわかった気がしたので長い文章を書いてしまいました。
脳みそを整理するには書くのが一番です。
恐らくこれからも過去の名作を中心に見ていくとは思いますが、新作もある程度は見て行きたいです。
たまには映画館に行きたい・・・高い・・・行けない・・・・・・。
そんな最近の映画鑑賞事情でした。
関連記事

Comment

このコメントは管理者の承認待ちです
2015-04-08 # Edit

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

Track Back

プロフィール

かむっぽいど

Author:かむっぽいど
シューター見習い。
下手っぴですがSTGはジャンルを問わず大好きです。ただしシューター歴2年ちょい。
XBOX360のゲーマータグはkamunya。
ツイッターはkamupoid。絡んでくれたら喜びます。
プレイしたSTGのスコア等はコチラ

読書メーター導入しました。
遡って全てを登録しているわけではありません。
鑑賞メーターも導入しました。
こちらも遡っての登録はしていません。

最新記事
カテゴリ
タグ

シューティング CAVE UTAU 怒首領蜂最大往生 映画 虫姫さまふたり 買い物 ボーカロイド 練習絵 格ゲー デススマイルズ 雪歌ユフ 3DS 東方 ぷよぷよ M3 自主制作ゲーム ProjectDIVA 怒首領蜂大復活 スマートフォン エスプガルーダ SF コミケ AOU MMD ハイスコア 音楽 トラブル☆ウィッチーズ 虫姫さま 第八回MMD杯 ミックンベース ドラムンベース 高橋しん 計画都市 マジアカ 冥宮惑星デスパライソ 同人ゲーム マンガ ファンタジーライフ 雪眠ミユ モバマス iPhone 怒首領蜂大往生 ポケモン マインクラフト カラドリウス マビノギ 謎の彼女X アニメ TD PSO2 ALL 

最新コメント
月別アーカイブ
別館リンク
なにやら始めました。
カウンター
ゲーマータグ
読書メーター
かむっぽいどさんの読書メーター
かむっぽいどの最近読んだ本
かむっぽいどの今読んでる本
鑑賞メーター
かむっぽいどさんの鑑賞メーター かむっぽいどの最近観たビデオ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。